2011年09月07日

父親が年頃の娘と仲良くするには?

父親が娘と仲良くするには?

解決策1

診療内科医 姫野友美 先生

父親ではなく友達になろう

女の子は思春期になると父親のことを親というより男性とみる。

ほとんどの霊長類のオスには、子育てをするという機能がプログラミングされていない。
母→いつまでも母親  父→思春期になるとオス として見てしまう。
「親しみある名前で呼び合ってフレンドリーになる」

解決策2

早稲田大学教授 森川友義 先生

娘がお父さんと口を利かなくなる理由は、近親相姦を避けるため。
年頃になると父親を男として認識してしまう。
遺伝子レベルでは、父親を避けるようにプログラムされている。

しかしこれは、大チャンス!
娘が父親を男性として意識しているので、男の魅力として勝負できる。

娘に惚れられる父になれ!

その壱
家での服装を変えろ!
家ではくつろぐ場所としてダラシナイ恰好をしてはだめ。
部屋着もオシャレにする。

その弐
 お小遣いは父から現金手渡し

一家を支える父 というイメージをつくる。

その参

大人の社交場にご招待
行きつけのバーなど
娘が知らない大人の空間 頼もしい姿を見せつける!


解決策3

精神科医 和田 秀樹 先生

娘より妻が問題


娘に嫌われる原因は、妻との関係が悪いケースが多い。
最近の40〜50代女性はオシャレであるため
現代の娘はそのオシャレな母親を理想化しているケースが多い。

母親が、「お父さん実は良い所ある」「外では格好いい」「仕事ができる人」
など父親を誉めて、尊敬していると、 娘も父親を良く思い尊敬する。

妻を味方につけ娘にアピールしてもらう方法

妻に協力する姿勢を娘に見せる。 よい夫でカッコいい父を見せる。

@女性雑誌などを参考にして妻にプレゼントを買う
Aいいお店を発見したら妻を誘って行く
B娘へのプレゼントを妻から渡してもらうように頼む



幸せな家庭をきづけますように!
がんばろう東北 婚活応援!結婚情報山形

posted by 仙台婚活娘 at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

震災後、増える結婚相談 

東日本大震災をきっかけに、生涯のパートナーを得ようとする人が増えている。都市部の女性を中心に結婚相談所への照会が相次ぎ、会員同士で成婚して退会するケースが急増。婚約指輪の売れ行きも伸びた。未曽有の災害に直面して孤独感にさいなまれ、人との絆を持ちたいとの思いが広がった、との見方もある。

 結婚情報紹介サービス大手のオーネット(本社・東京)では、今年4月の資料請求件数が前年同月比で約12%増。関東の女性でみると24%増えた。会員同士の結婚による退会も続き、3月は423人で前年同月比19.5%の増。4月も333人と18.1%伸びた。同社大阪北支社の古沢広美・支社長代理は「地震直後から問い合わせが増え、入会者も例年の2〜3割増」と話す。サンマリエ(同)でも関東甲信越地方で入会者の伸びが目立つ。

 東北6県で約3千人の会員を抱える結婚情報紹介業「あんしん友の会」(本部・盛岡市)では、震災後に女性からの問い合わせが震災前より3割ほど増加。「地震が一歩踏み出す契機になった」と打ち明ける人もいた。「ノッツェ」で知られる結婚情報センター(本社・東京)の郡山支店(福島県郡山市)は、震災前と比べて入会者が1.5倍以上増えたとしている。

 東京都内に住む一人暮らしの会社員女性(30)は、大型連休中に結婚相談所に登録した。震災当日に帰宅困難となり、6時間歩いてマンションにたどり着いた。その後も余震に敏感になり、寝つけない夜も増えた。「将来への不安が膨らみ、家族を作ることの大切さを痛感した。人と絆を結ぶ努力をしたい」

 新宿高島屋(東京都渋谷区)のアクセサリー売り場では、4月1〜19日の婚約指輪の売り上げが前年同期比で約4割増加。「婚約指輪を買うつもりはなかったが、自分たちの出会いや気持ちを形にして残したい」と訪れるカップルもいた。(沼田千賀子、山内深紗子)

さらに4月からスタートした月9ドラマ 結婚相談所を舞台にした「幸せになろうよ」の人気が、結婚相談所の入会に影響を及ぼしていると思われます。

独身男女が、震災で一人で生きる寂しさに気づき、
男「誰かを守って生きていきたい」 女「誰かに守ってもらいたい」
家族の絆に憧れをもち、信頼できるパートナーを切に望んでいらっしゃいます。


婚活応援仙台 
パートナーと一緒に宮城を復興しよう
posted by 仙台婚活娘 at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。